2015年10月14日

FLコストとは何の事か

よく耳にする言葉に「FLコスト」というものがあります。これは原価と人件費を合わせた経費です。
F = food(フードコスト) / L = labor(レイバーコスト)

この合計経費を基本の教科書的な数字では、売上高の60%と言われています。例えば月間売上が100万円であった場合、60万円程度に抑えましょうという事になります。
単純に原価を30%とすれば、仕入れも人件費も30万円ずつである事が望ましいと言えます。この人件費には社員分とアルバイト分の合計値で計算していきます。店主一人とアルバイト一人で経営する場合、店主25万円、アルバイト5万円なら30万円です。

単純に考えると、残りの40%で賃料、光熱費、消耗品、交通費、通信費、機材等材料費、リースを支払っていきます。残った分が当月営業利益となります。
では、それぞれの配分の基準はどうでしょうか。大抵賃料は10%程度、光熱費7%その他経費15%程度で考えられ、利益水準は概ね5〜10%となります。

飲食店は儲からないジャンルと言われがちですが、儲けているお店はどのようにこの経費配分を行っているのでしょうか。
まずはFL値を55%以下にもっていきます。そのために出来ることは、セントラルキッチンで一斉調理し、現場では盛り付けを行います。そのため社員数を減らしアルバイト人員で回転させます。
その他、宣伝や求人等も本部で一括して行い、各店舗には徹底した経費管理と売上バランスを保たせるように管理していきます。そのため営業利益は、15%を超えてくる事もあるでしょう。
そこで次店舗への開業資金に回すか、役員報酬として社員に還元するか。この先の動きは経営者の考えにより様々です。

逆に一人または家族で切り盛りする個人店は、人件費(本人以外)や求人広告費がない分、材料を少し高めにしてクオリティの高い食事を提供する事が可能になります。つまりFLコストを30:30ではなく、35:25などに調整できるというわけです。薄利多売方式のお店では、最低売上目標もあるために徹底した管理が行われがちです。
どちらの経営が向いているかと言うと、地域性などにもよるでしょう。若者がたくさん暮らす街では、小料理屋さんより宴会が出来る気軽なお店が流行るでしょう。逆にビジネス街であれば共存も可能で、閑静な場所では静かに食事を楽しむ料理屋さんが向いていると言えそうです。
開業する立地や人の流れ、街と調和した営業方式があり、その上でどのようなお店を目指すのか。数字はその現場に合わせて流動的に考える事が重要です。数字で営業するのではなく、数字を見つめながら考えて営業する事で健全な飲食店運営が可能となります。

ではこのあたりで、本日の一言。
「お店の運営は現場主体か事務が主体か?」

・・・
・・・

現場を重視すると利益が圧迫され、事務を重視すると現場のコストパフォーマンスが甘くなります。現場を見ながら数字をコントロールする、あるいは数字を把握した上で現場をコントロールする。この対局した二つのポジションのバランスが程よい部分を見つけ指摘し実践させる事が私のスタイルです。

posted by ヒゲ男 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店運営関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

日本酒と刺身が美味い割烹居酒屋

飲食店運営のコンサルタント事業を手掛けていると、様々なお店と出会います。その中でも私がホームページ運営で応援しているお店をご紹介します。
いろいろなお店で食事を頂く中で、私とビジネス面でお付き合いのあるお店もあれば、私が個人的に気に入って通うお店もあります。
このブログでは、私との関わり方も交えながら、お気に入りのお店を紹介していきたいと思います。

「料理とお酒とのぶ」
このお店は平成27年8月に移転して、カウンター8席とテーブル席(4人掛け)、そして個室二部屋(最大12名程度)の気軽な割烹風居酒屋です。
料理は新鮮な魚介類を中心に、一品料理なども出汁を利かせて丁寧に作られています。まだ30代の若い大将ですが、愛想もよく魚と日本酒を愛するバリバリの料理人です。
やや明るめで木の温もりを感じさせる店内は、落ち着いた感じと気取らない雰囲気で気軽に足を運べる作りです。ビルの2階にありますが、エレベーターもあるので安心です。

料理とお酒とのぶ

新鮮魚介は水槽で生かされているものもあり、「活け越し」という水槽で泳がせる事によって余分なストレスを解消し、魚本来の旨味を存分に引き出す方法にこだわっておられます。大将自ら市場に出向き、自分でしっかり目利きをして自信のある物を提供されています。

新鮮魚介の刺身盛り

お刺身は三種盛り1,480円、五種盛り2,480円とコストパフォーマンスも良い感じです。魚種は大将のお勧めや、自分の好みにも合わせてくれますので、気軽にお話してみるのもカウンターならではの楽しさです。

兵庫の地酒 竹泉

日本酒は兵庫県朝来の地酒「竹泉(ちくせん)」を取り扱っています。常時10〜15種はストックされており、季節限定やレアな物も含めると20種以上の在庫を持っています。神戸で竹泉をこれだけ揃えているのは、のぶさんぐらいだと思いますね。

場所は三宮の東急ハンズの西側にあり、各線三ノ宮駅からも5分圏内と交通の便も良い感じです。お一人の予算としては平均5,000円程度です。コース料理(季節の献立)もあり、3,000円から価格に合わせてメニューを組み立ててくれますので、接待にも使いやすいお店です。
一人でカウンター飲みも大丈夫ですし、数名でワイワイ個室で宴会するのもよし、気さくな大将なのでいろいろ相談されてはいかがでしょうか。

「料理とお酒とのぶ」
神戸市中央区下山手通2丁目11-30 TN-Uビル 2階北
TEL: 078-392-8708
営業時間: 18:00〜翌1:00(L/O)
URL: http://www.nobu-sake.com

Googleマップで場所を確認できます。
「地図はこちら」

ではまた。

posted by ヒゲ男 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸独断グルメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

POPなどの印刷物を考える

飲食店を運営していると、メニューやお勧め、告知など、様々な印刷物が必要になってきます。業者さんに依頼するのも良いと思いますが、ある程度は自分でやりたいという方もおられます。

「何のために何を作るのかを決める」
まずは印刷物の種類を考えてみましょう。
・店内のメニュー
・ショップカード
・何らかのイベント開催等の告知POP
・配布するためのチラシ
・アンケート用紙など

店内のメニューはお客様が常に見るものです。手書きか印刷を選びますが、手書きなら筆ペンで、印刷なら写真入で考えた方がいいでしょう。
サイズはA4〜A3で一般サイズや縦長タイプがあり、ページ数も様々です。何を基準にメニュー表の大きさを決めるかは、テーブルのサイズによります。大きすぎても邪魔だし、小さすぎると見難いと感じられます。テーブルの1/4程度の大きさを基準に考えると、自然な感じの大きさに捉えられる範囲になります。

ショップカードは名刺サイズが手頃と言えます。両面でも片面でも、お店の場所、電話番号、営業時間が書かれていれば、あとは地図やURLなど必要に応じて入れていきましょう。

イベント開催POPは、紙ベースで貼り付けるか、黒板やボードなどに書き込んでアピールするかを選びます。紙ベースならラミネートするか、紙のまま貼り付けるかですが、普通紙をそのまま貼るのは止めておきましょう。営業用のPOPですから、それなりの扱いをした方が捉えられ方が変わります。

配布するためのチラシは、普通紙、マット紙(つや消し)、グロス紙(光沢)があります。印刷業者さんではマットかグロスを使います。
サイズは、A6、A5、A4から選びましょう。A4の場合は、三つ折にして渡すと渡しやすい大きさになります。お勧めはA6かA4(三つ折)です。A5は一番持ち運びに中途半端になります。もしA5なら半分に折るといいでしょう。

アンケート用紙は普通紙がお勧めです。シャープペンでもボールペンでも書けますし、預かる物なので、紙質にそこまでこだわる必要はありません。A6かA5がお勧めです。A4だと書き込みスペースが大きすぎて、書かれる率が悪くなります。テーブルで食後やオーダー待ちの時に書いていただくなら、A6程度が扱いやすいですね。

これらのように自分で作ろうとした場合は、紙質や内容まで考える必要があります。単に思い付きでするよりも、目的に沿った形で導入する方がいいですね。さらにデザイン面などは、プロはプロ、素人は素人です。
しかし素人ならではのデザインでも構いませんので、お客様に何を伝えたいかという部分を大切にして作っていけば、自分の気持ちが伝わるのではないでしょうか。

印刷する際には、PCで作りプリンターで印刷します。マット紙やグロス紙に印刷するにはレーザープリンタが必要ですが、今は家庭用(SOHO用)でもマシな機械があります。
私が愛用しているプリンタはOKI製のプリンタです。インクトナーは高めですが、月額経費に換算すればインクジェットと大差ないかもしれません。カラー写真印刷ばかりしていると高くなりますが・・

「低価格で導入できるA4プリンタ」


「大容量トナーを使えるA4プリンタ」


「お勧めのレーザープリンタ用両面印刷光沢紙」


では本日の一言。
「自分で印刷するのと業者ではどちらが安い?」

・・・
・・・

私の判断基準は枚数、またはデザイン、紙質によって決めます。通常デザインでの枚数なら500枚以上なら業者さんの方が安いでしょう。(ネット印刷なら300枚程度でも安いかも)
デザインですが写真が多いカラー全面印刷なら、200枚程度でも業者さんの方が安く済みそうです。もちろん色使いやプリンタの性能にもよります。紙質は業者さん専用の薄いグロス紙がありますので、そこにこだわりたければ依頼するといいですね。

posted by ヒゲ男 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店運営関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。