2016年01月25日

コンバージョンの取れるサイトとは

ホームページを制作、運営するにあたって、事業のサイトとして公開するには必ず目的があります。

1、会社の案内として公開しておく
2、資料などをデジタル化して配布する
3、業績を上げるための営業媒体にする
4、情報を網羅させたポータルサイトにする

これらの目的の中で、私が一番クライアントに勧める分野が3番です。業績を上げるための営業媒体とするために、一番求められる事は何か。

【コンバージョン率を上げる】
コンバージョンとは成約や成立を意味しますが、例えば訪問された方に問い合わせをしていただく、または何か商品をご注文いただく。これらがコンバージョンと呼べるものと言えます。
では、この直接的なコンバージョン以外に何が結果として考えられるか。それは、お客様の頭の中にインプットされ、ブックマークなどをしていただき、何かのタイミングで見直していただく。

特に飲食店のサイトでは、これもコンバージョンと呼べるものと言えるでしょう。調べている今は行かないのだけど、今月末に宴会の会場を探しているんだ・・など、事前チェックとしてサイト検索をされる方も多くおられます。
そこで複数の店舗サイトをブックマークして、比較していただいてから予約などのアクションに繋げていただかなければいけません。検索してすぐに来店ではなく、このようなケースも多いものです。

では、飲食店のサイトを運営するにあたって、何がお客様にアクションを起こしていただけやすくなるか。ココがキーポイントになります。
王道の情報と言えば、店舗の雰囲気、メニューと料金、場所案内です。この他にどのような特色や魅力が伝えられるか。ここに各々の店舗の攻略法が隠されているのでしょう。
具体的にこれを掲載すれば良いとか、このように組み立てていけば良いなどという正解はありませんが、共通して言える事もあります。これはブログでは書けませんが、コンバージョンの取れる店にはそれなりの理由があります。

ヒントとなる事と言えば、例えばコストパフォーマンスであったり、素材の魅力であったりする訳ですが、良くない例としては、情報を詰め込みすぎること・・でしょうか。
デザインでもそうですが、余白という遊びの部分が重要です。黒板一杯に字を書きすぎると、見にくいしどれがお勧めなのかも分かりにくくなるデメリットがあります。賑やかさとゴチャゴチャした感は似て非なるもの。
お店のこだわりが強すぎるとお客様はお腹一杯になります。こだわりが無さ過ぎると物足りなさが残る感じになります。何でもバランスが大切ですが、視点をどこに置くかでそれらの答えは出てくるでしょう。

posted by ヒゲ男 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームページ運営関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432991088
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。