2015年11月12日

売上増に目的を絞る落とし穴

飲食店に限らず、お店をされている、会社を経営しているとなれば気になる売上高。
もちろんこの売上高が少なければお店の存続は出来ません。しかしここばかり気にしていても倒産(お店が潰れる)の要因にもなります。

「目的を売り上げ増だけに傾けた悪い結果」とは
売上を上げるために出来る事を考えてみましょう。大きくは三つのコンテンツに分かれます。

1、客数を増やす
もちろんの事ですが、分母数(顧客数)が多ければ売上は上がりやすくなります。新規客をどれだけ顧客化させていくかがポイントになっていきます。

2、来店頻度を増やす
一人のお客様が月に一回利用してくださる平均値を、月に二回あるいは二ヶ月に三回と通っていただける回数を増やす事で月の客数増加に繋がっていきます。

3、客単価を上げる
客単価を10円上げてください。毎日10名の来店数があって26日営業した場合、月額換算で2,600円売上が増えます。毎日20名なら5,200円アップ、逆に20円上げても同じ事が言えます。


ここまでの基本的な話を極端な例で考えてみます。
1、客数を上げるために、無料券を配布したり、大幅な割引サービスをして大勢の方を呼び込みました。結果として薄利多売の儲からないお店になりました。

2、来店頻度を高めるために、ポイントカードや次回に使えるサービス券を配布しました。高価値のサービス内容だったため、原価ギリギリの線で集客に成功しました。その結果、やはり薄利多売になりました。

3、客単価を思い切って上げました。その結果コストパフォーマンスが悪くなり、高い割に大した事がないと悪評が広がり、客離れが起こります。そして集客するために項目1番に手を付けていきます。

まさに負のスパイラルに突入という事になります。
この売上と利益確保、集客とサービスという部分は、とてもバランスが大切です。一概にどうすれば良いかという答えはありませんが、お店のコンセプト、お客様の層、立地、業態によって大きく変わります。
半分セルフのようなお店などでは、人件費が抑えられるため高原価で薄利多売になっても営業は成り立ちます。ガソリンスタンドのセルフ式も同じ事が言えますね。

王道ですが、使える経費を計算してサービスと利益確保というバランスを考えながら、魅力あるサービスや商品を提供する。それをお客様に納得いただくお店が健全な営業と言えます。
しかし業態(営業スタイル)によっては、王道というものは変わりますので、お店に合わせた最善の方法をバランス重視で考えると長く続けられるお店になるでしょう。

では、本日の一言。
「サービス券を配らないと来店してもらえない店は?」

・・・
・・・

それはお店に魅力がないからだ!と一括するのではなく、逆手にとって考えましょう。そうすればそのスタイルでも攻勢のかけ方は変わってくると思いますね。私ならこのような所から考えます。
「サービス券が魅力になっているという事ではないかと読み取れます」

posted by ヒゲ男 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店運営関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429482170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。