2015年11月05日

業者さんと仲良くなろう

飲食店には多数の納入業者さんがおられます。自分のお店に出入してくれる業者さんとは仲良くなっておくに越した事はありません。
とは言っても、別に変な意味合いでの仲良くではなく、普通に対応して「感じの良い店(店長・スタッフ)」という感情を持ってもらうことに意味があります。

「業者さんもお客様も人付き合いは同じ」
稀に残念なお店に遭遇する事があります。お客様には深々と頭を下げ、業者さんには思い切り上から目線のお店です。お客様にはお金を頂くから頭を下げて、業者さんにはお金を払うから頭を下げろという構図でもあるのでしょうか。

もしあなたが納入業者さんだとします。
・いつも偉そうに何かしら言われるお店
・感じは良いのだけど、支払いとなれば態度が変わるお店
・いつも同じで、業務的に淡々と普通にお付き合いできるお店
・いつも同じで、愛想が良く好感の持てるお店

ここであなたがサービス品やお得情報を持っていたとします。どこでその話を切り出しますか。もちろん会社からは全店に説明しろと言われてはいますが、配布できる品数などは限られています。
お分かりでしょうか・・・

私が営業マンの立場であったとすれば、全店でお話しする事を前提にルート配送しながら、自分の中で優先順位を付けて、いつも良くしてくれるお店から順番にお話していきます。そして、サービス品や情報該当数が無くなった時点で、このお話は自分の中で打ち切るでしょうね。
お客様も営業さんも、皆同じ人間ですから、自分にとって居心地の良いお店には通いたくなるし、何かしたい、また何かしてもらいたいという密接な関係が生まれてくるでしょう。

「自分の行動は自分に返ってくる」と言われます。あなたのお店はどのようなタイプですか。

では、本日の一言です。
「いつも頭を下げていると疲れるじゃないですか・・」

・・・
・・・

普通で良いのです。特に深々と会釈する事もなく、威張る事もなく、普通が良いのです。客商売をしていると、感情や私情は営業時にいかに伏せられるか。そして、いつも平常心の自然な笑顔で対応すれば良いだけなのです。



これが意外に難しいところではありますが・・・

posted by ヒゲ男 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店運営関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429120165
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。