2015年11月04日

固定費と変動費を考慮する

商売における経費には、固定経費と変動経費があります。特に飲食店経営では、ここを考えながら経費節減に取り組んでいく必要があります。

<固定経費とは>
主に毎月決まった支払いが発生するものを指します。どのようなものが固定経費になっていくでしょうか。
・賃料や共益費等(車を使用していると駐車場費用も含む)
・社員の人件費(月給制のスタッフ)
・リース、携帯電話(かけ放題プラン等の場合)
・インターネット接続料金

<変動費用とは>
売上高によって、または時期によって変わる経費です。
・仕入れ(原価は率で計算するため、売上の増減にほぼ比例する)
・アルバイトスタッフの人件費
・消耗品費
・光熱費(年間トータルを月割計算する場合は、固定と考えても良い)
・固定電話料金(FAXの送信枚数等でも変化する)


これによって大まかな計算をしてみましょう。
必要売上高を算出する際に、まず固定費用を全て足します。賃料15万円、固定給(経営者35万+社員扱い25万)60万円、リースと携帯1万5000円、インターネット5000円とします。

そして次に変動経費のパーセント合計を計算します。
例えば、仕入原価30%、アルバイト10%、消耗品3%光熱費7%、通信費1%とします。51%が合計比率です。固定経費が77万円で、51%が変動費ですから、49%が固定費という事になります。
77万円 / 0.49 = 157万1429円

大体、月額157万円で何とかお店の利益を確保できるラインとなります。この変動経費のパーセントの算出は、業態によって変わります。居酒屋さんと割烹と飲み屋さんでは比率が違います。
それぞれのバランスを見ながら、トータルで考える必要がありますが、単純に概算を算出していけるかいけないか。自分の能力は、雇用体系はなど、あらゆる分野から調整する必要があります。

それでは、本日の一言。
「人件費は固定と変動とどちらが得ですか?」

・・・
・・・

大半の場合、変動であるアルバイトが有利とされています。
場合によっては固定費で時間を気にせず、お互いのポテンシャルで頑張るというお店もあります。例えば二人で回せるお店であれば、何人もアルバイトを抱えてシフトを組むより、始めから二人でする方が求人広告費やシフト調整の時間を考えると楽な面も出てきます。
要は、その店に合った雇用、経費のバランスを整理する事が重要なのです。

posted by ヒゲ男 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店運営関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429064443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。