2015年10月17日

今後の目標と夢を持つこと

週末になったり、季節柄か仕事が落ち着いた頃に、ふと行きつけの喫茶店などで思いにふける事がある。そんなプライベートにも近い私の独り言も、このブログに書いてみようかなと思った。

「自分の仕事に対する目標と夢」
飲食店で働いている方であっても、私のように外部から関わる人間であっても、また全く違う職種の方であっても、男女問わず様々な想いがあると思う。目標と夢の違いとはな何だろうか。

私の考えでは、目標は達成する事に快感と達成感があり、届きそうで届かない現実性を帯びた数値目標である事が多い。別に数値でなくても、何らかの基準があって、そこをクリアすれば目標達成となる。
では夢はどうだろうか。

「子供の頃からの夢」なんて事はよく聞かれる。私はバスの運転手になりたかった。いつも運転手さんの横に立って、運転操作やフロントガラスから見える先の景色を見ていた。
今となってはどうか。全く別の仕事をしているし、特に運転手になる事もないだろう。しかし夢は叶えたいので、何故か大型二種免許を取った。別に免許が欲しかったわけではない。子供の頃から憧れた運転席に座り、大きなバスを動かしてみたかったのだ。これで夢は少し叶えられた気がした。

今、コンサルタントをしていて目標はといえば、クライアント様の業績を上げる事、そしてそこで働くスタッフたちのモチベーションを上げて、皆で幸せを味わう事である。
ある意味私に課せられた任務の一環であり、当たり前の目標である。しかし、結果はそう簡単な事ではないので、目標値を決めて会社に利益をもたらせる事が、いつも私に与えられる目標である。
では、夢は何だろう。

子供の頃のように純粋な気持ちで夢を語る事はなくなってしまったのかもしれない。あえて言うなら、大自然に囲まれた雰囲気の中で、大切な人たちと一緒に笑って過ごす事だろうか。まだまだ余生という感覚ではなく、この競争社会の都会生活を離れて、自然の中でペンションをかまえたい。
そしてその静かな雰囲気を求めてくるお客様と、いろいろな刺激をもらいながら過ごしたい。やはり客商売という分野からは離れられないのだろうか。

その前に神戸の飲食店を元気にしたい。会社の経営、個人の経営、いろいろある中で、料理にひたむきに立ち向かっている料理人を応援したい。お金のために働く方もいるし、自分の精進のために、お客様の笑顔のためにと働く方もいる。
あなたなら、どのような働き方がしたいですか。また自分の夢を語れますか?

・・・
・・・

少し考えてみた秋の週末でした。

posted by ヒゲ男 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え事・独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427997073
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。